東京都港区・千代田区/赤坂の鍼灸,マッサージ,接骨院・整骨院,赤坂ヒルズ鍼灸・整骨院【骨折・脱臼・捻挫・労災、交通事故、スポーツ外傷】
ホーム > 頭痛治療

赤坂ヒルズ整骨院の頭痛治療

1.頭痛

・頭頸部に限局する痛みの自覚症状
・頭痛は血管由来、頭蓋外由来、牽引・炎症、神経痛といったものが原因となる
・頭痛は一次性頭痛、二次性頭痛、その他の頭痛と分類できる(下の図参照)
・頭痛の中で片頭痛と緊張型頭痛が頻度として多い

1)片頭痛
・片頭痛には前兆のあるものと無いものとがある
・紅茶、コーヒー、チョコレートなどが誘発因子となることがある
・前兆有る片頭痛は。疲労感、集中困難、頸部のこり、光または音に対する過敏性、悪心、霧視、あくび、顔面蒼白、ときに視覚症状(閃輝暗点)、運動障害、失語性言語障害など  




2)緊張性頭痛
・疲労、ストレス、曇天、精神的緊張、抑うつ状態、頭部前屈などにより頭蓋、頚肩部の筋肉が収縮することで起こる
・症状として頭部の圧迫感や締めつけ感、頭重感、眼窩痛などがみられることがある

3)くも膜下出血
・くも膜下出血による頭痛は、二次性頭痛のうち頭頚部血管障害による頭痛に分類される
・症状は突然のハンマーで殴られたような激痛が起こり、意識障害を起こすこともある
・緊急処置が必要である


一次性頭痛
1.片頭痛 
2.緊張型頭痛
3.群発頭痛およびその他の三叉神経・自律神経性頭痛
4.その他の一次性頭痛

二次性頭痛
5.頭頸部外傷による頭痛(むちうち含む)
6.頭頸部血管障害による頭痛
7.非血管性頭蓋内疾患による頭痛 
8.物質またはその離脱による頭痛
9.感染による頭痛(髄膜炎、脳炎など)
10.ホメオスターシスの障害による頭痛(高血圧、高山病など)
11.頭蓋骨、頸、眼、耳、鼻、副鼻腔、歯、口あるいはその他の顔面・頭蓋の構成組織の障害に起因する頭痛あるいは顔面痛
12.精神疾患による頭痛
その他の頭痛、頭部神経痛、中枢性あるいは原発性顔面痛
13.頭部神経痛および中枢性顔面痛
14.その他の頭痛、頭部神経痛、中枢性あるいは原発性顔面痛

上記のような頭痛の場合、赤坂ヒルズ整骨院では指圧療法、鍼灸施術、部分矯正などで対応しています。

指圧療法で筋の緊張を取りながら頭痛を改善したい方はこちら
鍼灸施術で頭痛の改善を図りたい方はこちら
部分矯正で首のゆがみをソフトに取りながら頭痛の改善をしたい方はこちら

※赤坂ヒルズ整骨院では頭痛の状態により施術をお断りし、医療機関を紹介する事が有りますので予めご了承ください。



上記の現代医学でも原因が明確に分からない頭痛や頭重感に悩んでいる患者様には、東洋医学的な中医学治療の観点からの鍼灸治療も行っております。
お辛い症状で長い間苦しんでいらっしゃる患者様には、通常の問診に加え全身を様々な角度から診察させて頂いておりますのでご安心ください。

また、赤坂ヒルズ整骨院では患者様それぞれに合った「オーダーメイド治療」を心がけておりますのでその日の体調に合わせた治療なども可能です。


中医学に見る頭痛の概説


頭部は諸陽の会で清明の府であり、五臓六腑の気血は皆上がって此処で会う。六淫や臓腑の内傷によって頭部に於ける経絡の気血の流注が変動すると頭痛が起こるので、広範囲の疾病に見られる常見症状である。
              
1.病因分類
1)外感頭痛:風寒、風寒湿、風熱、風湿熱、暑熱、暑湿
2)内傷頭痛:肝火上炎、痰湿上蒙、瘀血内阻、気血両虚、肝腎不足、肝陽上亢

2.経絡分類
1)三陽頭痛:太陽、陽明、少陽
2)三陰頭痛:太陰、少陰、厥陰

3.部位分類
・後頭部痛、片頭痛、頭頂痛、前頭痛


ここでは外感頭痛と内傷頭痛の特徴を説明します。

1−1)外感頭痛
・風寒
寒邪のものを凝固、鬱滞させる性質で脈絡が閉塞され気血が鬱滞して発症する。項背までひびく頭痛、悪寒、咳嗽。
・風寒湿
寒湿が凝滞して血滞となり、脈絡が塞がり、気血が鬱滞して発症する 風寒証の症状以外に圧迫頭痛、四肢関節の痛みやだるさ、体が疲れて重い。
・風熱
邪熱が上部を乱し、静竅が不利となり、気血が逆乱する。膨張感のある頭痛、発熱、悪風、喉の痛み、咳嗽、黄色粘稠痰、口渇。
・風湿熱
暑湿の邪が静竅を塞ぎ、清陽が上昇せず、濁陰(湿邪)が下降しない 風熱証の症状以外に圧迫頭痛、四肢関節の痛みやだるさ、体が疲れて重い、黄色尿。
・暑熱
邪熱が上部を乱し、静竅が不利となり、気血が逆乱し生じる。頭痛、高熱、口渇、乏尿、動悸 。
・暑湿
暑湿の邪が静竅を塞ぎ、清陽が上昇せず、濁陰(湿邪)が下降しない。頭痛、圧迫頭重感、四肢の倦怠感、微熱が続く、食欲不振、胸腹部の痞え、悪心嘔吐、下痢。


1−2)内傷頭痛
・肝火上炎
鬱屈した感情や怒りが肝の疏泄機能を傷つけ、肝火上炎して清陽の竅を乱す。激しい頭痛で多くは片頭痛、目や顔が赤い口苦、口渇、膨満感、煩躁、易怒、動悸、多夢、便秘。
・痰湿上蒙
多くは飲食の不摂生により。脾の運化が失調し、痰湿が生じ清陽の竅を塞ぎ、清陽が上昇できず濁陰が下降できない。圧迫頭重感、頭重感、眩暈、胸腹部の痞え、胃もたれ、悪心、痰や唾を吐く。
・瘀血内阻
外傷などで気滞血瘀になり、脈絡が阻害されて起こる。長時間持続する頭痛、固定痛、頭痛の一部に外傷歴がある。顔面は暗黒色。
・気血両虚
脾胃の虚弱などで気血が虚損して脳髄や脈絡をみたすことができなくなって起こる。頭痛と眩量があり、疲労時に増悪、精神疲労、無力感、動悸、不眠、食欲不振、下痢、白っぽい顔。
・肝腎不足
肝腎の精血が不足して脳まで運ばれず脳髄が空虚になる。また腎陽が不足して清陽が上昇できない。頭痛、眩量、耳鳴り、不眠、足腰のだるさ、精神疲労、無力感、遺精、帯下、目のかすみ。
・肝陽上亢
肝腎陰虚で肝陽が上亢し、清陽の竅を掻き乱す。頭頂部の膨張痛、片頭痛、眩量、動悸、易怒、不眠、多夢、顔や目が赤い、口苦、耳鳴り、足腰のだるさ、遺精。

※外感頭痛と内傷頭痛の鑑別
(1)外感頭痛はすべて表証を意味する症状で所見が認められる
 @発症が比較的急性
 A頭痛は多くの場合、持続的な頭痛
 Bその他の外感の症候(悪寒発熱など)を伴う
(2)内傷頭痛
 @発症が比較的緩慢で起こったり止んだりする
 A臓腑気血の不足や内邪といった内傷の症候を伴う


鍼治療で全身の状態を改善しながら頭痛の改善をしたい方はこちら





赤坂ヒルズ整骨院(鍼灸/マッサージ)
〒107-0052 東京都港区赤坂6-15-12 富岳ビル1F
03-3586-2017


Copyright (c) Akasaka Hills Osteopathic Clinic All Rights Reserved.